相模原の葬儀や家族葬を行うならここ!

相模原で葬儀や家族葬を行うならここがおすすめ!

相模原地方での葬儀に役立つ情報

By on 2016年9月14日

相模原は昭和中期ごろまでは神奈川県の郊外地域でしたが、その後に東京や横浜のベッドタウンとして発達しました。現在は都市化が進み、住民には東京出身の人も多くなりました。相模原地方での葬儀でも関東地方に見られるような通夜の際に食事が振る舞われる「通夜振る舞い」の習慣があります。ただし、昔から地元に住んでいた人と新たに転入した人とでは考え方が異なります。関西地方など西日本出身の人にとっては東日本とマナーや考え方が逆の面があり、当惑させられる場合があります。相模原地方でお葬式を主催したり、逆に通夜などに呼ばれて参列する際に恥をかかないようにするために、都市部と田舎における風習や考え方の違いや日本の他の地域との価値観の違いについてきちんと理解しておくことが必要です。

急激な人口増加によって変化した相模原地方の葬儀

昔は相模原地方は神奈川県でも田舎で、高度経済成長やバブル経済の時代に急速に人口が流入して発展しました。東京や横浜の都市から多くの人が流入し、現在も都心部に通勤・通学する人が多い地域です。これに伴い相模原地方の葬儀も都会化が進みました。大きく変化した点として、通夜の際に食事が出される通夜振る舞いです。元々この地元では、通夜が終了した後に故人を知る人がゆっくりと食事をしながら夜遅くまで宴会が行われる習慣がありました。ところが今はドライな東京出身の人が増えて、焼香や挨拶など行うべき用事が済んだらさっさと帰るというスタイルが一般的です。この“行うべき事”の中には通夜振る舞いも含まれていて、料理が出されないと帰りたくても帰れずに困惑される場合があります。このため、仮に無宗教葬であっても東京出身の弔問客に配慮して通夜の席で何らかの料理を出して、食事に加わるように勧めてあげるのがマナーです。

他の地方出身の人が相模原地方の葬儀に参列する場合の注意点とは

東日本では通夜で食事が出される場合、勧められたら箸をつけてから帰るのがマナーです。ところが西日本には通夜で会葬者に食事を振る舞う習慣がありません。まして会社関係者など義理で挨拶程度に訪れる弔問客が、遺族と一緒に食事に加わることなど考えられないのです。京都など西日本の一部の地域の人は本当に親しい人以外から食事が勧められたら断るのがマナーで、「早く帰れ」のメッセージと解釈されます。通夜振る舞いが勧められたら応じるのが礼儀とされる関東地方の人とは正反対の価値観を持っているのです。このため、地元の習慣に慣れていない西日本出身の人を通夜の席に呼ぶ場合には配慮が必要です。逆に西日本出身者で相模原地方での葬儀に参列して食事が勧められた場合には、断る方が失礼にあたることを理解しておくべきです。特に相模原地方の地元の人は、本心で食事を勧めてくれていることを考慮するようにしましょう。